敬老や成人のお祝いでさりげなく渡すと喜ばれるのがビール券

ビール券の券面の知識や購入に使える決済手段について

敬老の日のプレゼント

ビール券はメジャーなビール会社のビールと交換できるチケットです。券には交換可能なビール会社の名前と券面額が書いてあります。券の左が側の方にアルファベットと数字の文字列が書かれている部分がありますが、数字は券面額を表しています。ビール券は酒税の変更に伴って改訂されるので、新券はこの数字が変わります。異なるのはデザインだけではなく、使える金額が変わるので確認してください。
ビール券の価格は、券面額とイコールではありません。定価は券面額よりも高くなっています。そのため、自分で飲むように購入するのではなく、贈答用として利用するのがベストです。ビールそのものを相手に渡すよりも、ビール券の方が保管が簡単なので喜ばれます。ただし、金券ショップであれば額面より少し安い価格で売っていることがあるので、自分用に欲しいなら金券ショップで買うのが良いでしょう。
基本的に、ビール券はクレジットカードで購入することはできません。ただし、ネット通販やオークションなどでは決済にクレジットカードが使える場合はあります。デパートや酒屋などの場合は、現金での支払いとなることがほとんどですが、一部の場所は一回払いでの支払いのならクレジットカードが使えることもあります。使いたい場合は、お店に問い合わせて確認しましょう。

ちょっと粋なプレゼントにビール券はいかがですか

ギフト券には様々な種類がありますが、密やかな人気のギフト券と言えば「ビール券」です。お酒好きな方ならまず喜んでくれるビール券は、普段違う種類のお酒を飲んでいる方にも好評です。すぐに交換できる気軽さも好評で、コンビニでも使えるので気軽なギフト券として扱えます。また、ビールと言っても一社の銘柄には縛られません。いろいろな種類のメーカーのビールと交換できます。
お中元やお歳暮にはサラダオイル、そうめんなどの定番品が集中しがちです。同じものを何個ももらってしまうお宅も多いのではないでしょうか。そんな時、ちょっと粋なビール券のギフトならいかがでしょうか。ビール券はあくまでもチケットなので、場所もかさばりません。飲みたいときに交換すれば良いので、有効期限内なら保管しておいても価値があります。腐ることも無いので扱いやすいギフトです。
ビール券は意外なギフトの使い方にも好評です。それは、敬老のお祝いや成人のお祝いです。大人の年齢のちょっとしたお祝いに、喜んでもらえるようなビール券は人気があります。また、帰省や親戚への訪問のお土産にもビール券は人気があります。綴りでも販売しているので、重い荷物を持って移動しなくても価値のあるギフトを持参できるのです。おもてなしがなされた訪問の帰り際に、さっとお礼のビール券を渡すのも大人の粋なギフトでしょう。

ビール券の使い方や購入できる場所を知っておこう

かつては各ビールメーカーがビール券を発券していましたが、現在は撤退していて、全国共通券のみが流通しています。共通券は額面の範囲内であれば引き換えに使うことが可能で、どのメーカー製であるかを問いません。気分によって変えることもできますし、ビール銘柄の好みを知らない相手に贈る時際にも便利です。全国に酒券取扱店は多いので、地域格差もなく使いやすいです
ビール券が使えるお店は、入り口にポスターで掲示していることも多いです。ただし、使えるところでも掲示がない場合はあるので、お店に一度確認してみましょう。基本的におつりが出ない運用の所が多いので、利用時は無駄にならないように使った方が損をしません。現金を加えての利用が可能なため、少ない金額の支払いに使うよりは、額面より大きな支払いに使って差額分を現金で支払った方がお得です。
ビール券をお得に購入したいなら、金券ショップだと割安で買うことが可能です。ただし、在庫があるかどうかはその時により異なるので、まとめて購入したいときは正規の販売店を利用しましょう。販売店は実店舗のお店もありますし、通販をやっているお店もあります。通販の場合は自分用に買うことも可能ですし、ギフトとして送り先を別住所に指定することも可能です。

通販を利用してビール券を手配するなら『京王ネットショッピング』のような百貨店の通販サイトが便利です。人気順やオススメ順などのランクも確認しやすいため、プレゼントの相場を探るうえでも役立つことでしょう。