敬老や成人のお祝いでさりげなく渡すと喜ばれるのがビール券

贈った相手に最も喜ばれるビール券の選び方とは

青空をバックにビールを注ぐ

現在贈答用に様々なジャンルの商品券が販売されていますが、酷暑の最中となるお中元シーズンや、お酒好きの人相手に特に活躍するのがビール券です。ビール券は他ジャンルの商品券同様、購入先やビールの交換先が極めて多く、贈る側にとっても、また贈られる側にとっても大変便利で嬉しい限りです。コンビニや酒店、スーパーなら購入・交換いずれも可能ですし、デパートで購入すれば素敵なラッピングも施して貰えます。また金券ショップなら安価で購入可能です。
ビール券は種類により交換可能なビールが限定されます。たとえば瓶専用ビール券なら633mlの大瓶2本に、また缶専用ビール券なら350ml缶2本に交換可能です。ただビールのメーカーや銘柄は自由ですから、好みで自由に選べます。もちろん今流行りの糖質オフビールにも交換出来ますから、ダイエット志向の強い人でも安心です。最新のビール券は瓶専用を845円で、また缶専用を544円で購入出来ます。実際はビールの実売価格の方が安く差額が出る分損となりますが、贈答用なら相手に不快感を与える心配はありません。
ビール券は瓶専用と缶専用に分かれますが、相手の都合を考え選ぶ事も大事です。贈る相手が一人暮らしだったり非力な女性だったりする場合は、飲んだ後の処理が楽な缶専用が喜ばれますし、自宅が広く大家族かつ宴会が好きな人なら、お酌も楽しめる瓶専用を選ぶ手もありでしょう。またビール券には有効期限があります。なるべく贈る相手が余裕を持って楽しめる様、有効期限に余裕のある券を購入するのがベストです。